エバンジェリスト
 Evangelist

Printing
 

エバンジェリスト資格
 Evangelist Qualification

エバンジェリスト
 隠れた問題点が見えてくる国連型

膨大な資料、書類ベースのデータ分析のコストが高額すぎるため為、あきらめている。意思決定の資料が根拠もなく不明確の上、量も多く複雑過ぎて理解できず信用できない。購入値段や仕入れ先の把握があいまい。相手先・自らの財務の内容も理解できなく将来に不安を感じている。そんなお困りの方を積極的にサポートできるAIのご提案です。

現在の難局を乗り切る決め手はデータの透明性・説明責任・瞬時の正確な意思決定です。それぞれの分野において困難を乗り切る為には、どの様にたどり着くかが重要です。書類ベースのデータでは手作業で必要なデータを抜き出し転記し計算する為、膨大な手間がかかります。しかし、AIバーコードの利用によりひとつひとつの言葉や数字に意味を記した必要なデータを抜き出し、さらに自動的に計算・指示を出すことにより一瞬で意味が理解できるようになります。また事務方の分析効率、つまり転記や入力にかかる時間・コストを省くことができ、分析者は、分析そのものに時間をかけられます。さらに膨大な資料にも手をつけることが可能です。より深く詳細な分析により、限定的な理解であったものがより正確な内容で説明可能となり、瞬時により明確な意思決定を表明できるのがエバンジェリストです。現在の難局を乗り切る真髄とは? AIバーコードつまりデータを整理・監査し、隠れた問題点を把握すると同時に隠れた問題点が理解できる多次元分析エバンジェリストが全てのAIのカギをにぎります。

 

Barcode     UNBIS     Instructional Book

 

自治体・企業向けご提案
 意思決定が見える国連型 ~国連情報検索~

現在、企業及び各都道府県の議案・意思決定が書類ベースにより大量データが限定的な理解だけで全体の理解できない構造になっており Extensible bill Reporting Language(XBIRL)の整備が急務です。例えば国連活動を検索するためのUNBIS(国連書誌検索システム thesaurus)をベースにした国際標準のインターネット検索があります。投票者・賛成・反対・留保・関連内容・キーワードにより議決日・類似参考資料・比較などあらゆる角度から確認でき今まで限定的な理解であったものがより隠れた問題点を主要な国で理解できるようになり、すでに海外の自治体・企業は10年以上前から高度なAI情報開示を採用しております。

意思決定を理解するためには、企業も独自に開発するのではなく世界の頭脳と経験・見識のある意思決定、国際標準UNBISと互換性が大変重要です。国連は費用がかけられず事務方の分析効率、つまり転記や入力にかかる時間を省けることが必要でした。各国は大量データ内容に瞬時にたどり着き、決議・文献・比較等分析そのものに時間をかけられ、隠れた問題点の把握にも有効でした。エバンジェリストにより深く詳細な分析も可能となり、限定的な理解であったものがより正確な内容で説明可能となり、瞬時に意思決定できます。以上、AI多次元分析エバンジェリストは管理職の意思決定には頭脳・経験・見識のサポートには絶対必要不可欠です。

 

AI 調達部門のご提案
 事業仕分けが見える国連型 ~国連商品サービス分類~

現在、政府・企業関係における事業仕分け等、徹底的な経費削減を叫ばれる中、担当者がすべての新技術・商品・役務に関し大量データのAIを理解し、それを誰が分析し決済したか明確化されておりません。例えばトップは紙ベースの為、鉛筆の購入値段・仕入れ先・介護の手すりの助成金など瞬時に把握できないばかりか、全体も把握できず限定的な理解に陥りカンで判断している例もあります。さらに世界経済情勢の変化の中、個々のデータだけでは対応できません。それをサポートするAI共通コード商品分析調達システムも必須です。

事実アメリカ国内における関係省庁、州政府の過去の調達情報をトップが価格、仕入れルートを確認しただけで、15パーセントの削減に成功しました。AI共通コードにより新技術、グローバルな即時価格を多次元分析することにより、調達システムのデータをより一括共同購入できます。国連開発プログラム・国連商品サービス分類コードの互換性で世界が理解でき、経費削減・透明性・説明責任・鮮度の高い意思決定に貢献できます。

 

投資・資金調達に生き残る為の究極のAIを提案
 情報の情報「XBRL」の紹介

今まで不可能だった世界の財務諸表が各国金融庁により直接日本語で正確な情報が入手できます。さらに日本の情報が外国語でも確認でき、あらゆる情報が効果的に瞬時分析可能となりました。各国が法制化され既存のファンドに変わり、海外企業や国内優良未公開株も自ら分析可能になりました。しかし現在担当者に知識がなく人任せだった為、現在大変危険な状況に陥ってます。自らエバンジェリストで分析し正確な内容で説明することにより、他社の説明はもとより各分野への投資、企業の財務諸表が未公開会社を含め、直接投資を受ける方法も説明することが可能となりAIで優位となれる最大のチャンスです。

 

エバンジェリスト認定・認証
 Evangelist Certification and Authentication

人々から信頼受ける為には、なんらかの透明性、説明責任、合理的理解を得る共通な取決めが必要です。組織体が町や村から大きな都市、国家規模となり、さらには経済のグローバル化、ボーダレス化が進む現在の世界においては普遍的な共通の取決めが必要不可欠となるのです。その活動が「標準化」であり、具体的に言えば組織におけるAI情報規格の制定ということになります。AI情報規格の制定により組織は"分析効率"、つまり膨大な資料の転記や入力にかかる時間を省くことができより透明性のあるサービスの提供が可能となり、受給者は分析そのものに時間をかけられ、より深く詳細な分析を得ることにより、限定的な理解であったものがより正確な内容で説明できるようになり、より高度なAI情報サービスの供給を受けることができます。

 

相互理解

共通の単位や言葉を定めることで、それを知る人すべてが共通に認識できる。

 

互換性の確保

例えばすべての国連機関と連動している国連議決(UNBIS)国連開発プログラムや税関クレジットカードと連動している(UNSPSC)世界の金融庁と連動している。(XBRL)

 

新技術の普及

コード標準化することにより、コスト削減・財務内容・議決内容の理解が容易になった。

 

人々の利益確保

認定を付すことで、透明性・説明責任の保証となる。組織(供給者)が生み出す情報を、規格や基準に基づいて評価することを「エバンジェリスト適合性評価」と呼びます。その対象としては、情報の規格への適合性を評価する。

  • エバンジェリスト認定
    エバンジェリスト検査技能者などの人の技量に関するAI規格に対する適格性を評価する。
  • エバンジェリスト要員認定
    組織(企業等)などのエバンジェリスト規格への適合性を評価する。
  • エバンジェリスト認証・エバンジェリスト審査登録
    AI情報技術、あるいは五感による判断を含めた「試験・校正」そして「検査」などがあります。ここでいうエバンジェリスト認定とは、情報、プロセス、サービスが特定の要求事項(基準・標準・規定)に適合している。つまり "適合性" を第三者が文書でAIを保証する手続きを指します。
 

エバンジェリスト養成講座
 Evangelist Mechanic Training Course

エバンジェリスト養成講座

講座受講内容

  1. 国連型 UNSPSC AI実践技能講座
    エバンジェリストの意義、バーコード、EC, SCM, CRM, KM, ERP エバンジェリスト基礎講座
  2. XBRL AI基礎学科実践技能講座
    XBRL による財務諸表基礎講座
  3. XBRL AI高度監理分析講座
    多次元分析アジル経営、戦略的監理分析、XBRL による監理分析実践講座
  4. UNSPSC AI基礎学科講座
    事業仕分け等 UNSPSC AI監理分析基礎講座
  5. 国連型 UNSPSC AI実践技能講座
    商品・サービス等・購入値段・仕入れ先・日付キーワードにより比較などあらゆる角度からのAI監理分析実践講座
  6. 国連 UNBIS AI国際検索基礎学科講座
    国連の議決に関する知識・行政・ISO に対応した監理分析基礎講座
  7. 国連 UNBIS AI国際検索実践技能講座
    投票者・賛成・反対・留保・関連内容・キーワードにより議決日・類似参考資料・比較などあらゆる角度からのAI監理分析実践講座
  8. エバンジェリスト審査基準、最終検定試験対策講座
    エバンジェリスト審査基準・検定試験対策講座

試験日

  • 検定試験
    試験 技能修了書授与(適正検定試験)
  • 検定試験当日合格発表
    エバンジェリスト資格認定証は後日送付致します。
  • 必ず ノートパソコンをご用意ください。
    ( Windows Access未搭載、Windows Home Edition )また機種により作動しない場合があります。
    パソコンの基本操作を行えない方は、事前にご相談ください。
    尚、金融関係資格者は「 4.UNSPSC AI基礎学科講座 」からの受講となります。
 
新着情報INFORMATION
 
news

Break Time