研究のご紹介 Introduction of research

Printing
 

ソサイアティ5.0戦略の決め手はコードつまり拡張可能な言語です。かつて世界的なコードの専門家に日本は国際コードの意味を理解しないことで日本パッシングにあうと言われました。透明性・検証・説明責任・瞬時の意思決定をする為の(情報を整理し分析する)は存在しません。現在、定型書類ベースデータを手作業で必要なデータを抜き出し転記し計算する為、膨大な無駄な時間・手間・認証という問題を抱えています。国連では言葉検索ではなく、ひとつひとつの書類に言葉や数字に国際的に通用・意味をもたすバーコードを添付し、自動的に計算、多次元の指示を出すことにより一瞬で内容にたどり着きます。さらに膨大な資料にも手をつけることが可能となり、気がつかない問題点も発見できます。AIにより、多次元分析で必要な条件・問題点・ひずみを正確な内容で把握でき、5G時代のスピード・国際感覚のある全体の意識向上が最重要課題です。是非ご協力頂けると幸いです。色々ご指導よろしくお願い致します。

 

日本情報技術協会からの提言

日本情報技術総合研究所(一般社団法人日本情報技術協会の前身)において、過去国際連合大学本部ライブラリーで国際検索システムを導入しました。

一般社団法人日本情報技術協会並びに次世代人工知能学会として、全国で区役所、図書館、学校の情報検索コーナー、企業の情報センターに国際検索システム及び自然言語さらに次世代人工知能の導入を提言します。

 
  1. スマートフォン同時翻訳
    口語表現の進化したコーパスを所有しています。更に進行形、相互作用、視覚表現など単語、構文では表現できないものがデーターベースにより磨かれ翻訳に必要なエキスパートシステムを作成することにより心、思い、共感を全世界同時翻訳会話により可能となります。
  2. SDGS及び国連議決をUNBISデータベース、AIによる多次元、多変量解析の主成分分析、回帰分析、時間関数分析により世界各国を論理的に説明及び意思決定システム構想
  3. 世界各国の商品、サービス分類を国連コードUNSPSCデータベースをAIによるアルゴリズム分析を行い多国間多種の電子商取引、取引所システム構想
  4. 国連グローバルマーケットにおける入札商品コードunccsコードをAIを用い価格、量、期間等SCM分析を行いIOTシステム構想
  5. IFRSに基づく資金調達及び投資を言語による、AI分析によりフィンテックをより最適化システム構想
現在千葉工大教授(元IBM)と日本の学会で上記につき発表する予定です。

またIBMアメリカ本社
the Global Association for Research Methods and Data Science(RMDS)
次世代人工知能についてアメリカで出版する予定です。UNBISの翻訳を既に本団体が、国連ニューヨーク本部から公式出版しておりCSV化により国連大学本部ライブラリーに検索システム導入実験実績もあります。更に東京 商工リサーチ(D&Bパートナー)監修国連商品サービスコードUNSPSCデーターベースもCSV化し出版しており、UNCCSもCSV化しております。

  • SDGSの多次元、多変量解析
  • 国連商品サービス分類コード
  • 国連共通コード
  • 国連情報検索コード
  • 自然言語コード

多数の人工知能データベースを保有しております。
自動翻訳の著作権は全て自動翻訳保有法人の著作権です。グーグル翻訳のデータベースはthe United Nations Documentsをコーパスとして磨かれてきました。

 

今後5年で生まれる可能性のある職業

データ探偵
BYO(個人所有機器活用)ITファシリテーター
倫理的な調達(ES)責任者
人工知能(AI)事業開発責任者
エッジコンピューティング専門家
散歩・会話の相手
フィットネス・コミットメント・カウンセラー
AI支援医療技師
サイバー都市アナリスト
ゲノム・ポートフォリオ・ディレクター
人間と機械の協働責任者
財務健全性コーチ
デジタル仕立屋
最高信用責任者(CTO)
量子機械学習アナリスト

 

今後10年で生まれる可能性のある職業

仮想店舗シェルパ(案内役)
個人情報ブローカー
個人記憶キュレーター
拡張現実(AR)旅行構築者
ハイウエー制御官
遺伝子の多様性責任者

上記の21職業はさまざまな部門・分野にわたるが、コグニザントが機械化時代の仕事に欠かせないと考える共通点が3つある。

  1. 指導(Coaching)
    特定のスキルの上達のため、人々を支援することが重視される。
  2. 医療・福祉(Caring)
    医療システムが社会・経済・技術の変化に対応できなくなり、健康と福祉の重要性が増す。
  3. つながり(Connection)
    人と機械、従来型ITとシャドーIT、現実と仮想などの間でのパートナーシップが重要となる。こうした複数の世界を橋渡しできることが鍵だ。
「この3つのCは、ある普遍的な真実を示している。どれほど技術が進歩しても、人間である私たちは人間的な関わりを最終的に欲していることだ。ツールとしての技術支援は必要だが、技術のための技術は必要ない」と同報告書は述べている。

 
新着情報INFORMATION
 
news

Break Time